マンション経営を行なおう|リスクを回避して賢く資産運用

貯金箱

入居と保証人

集合住宅

業者活用と注意点

賃貸のアパートやマンションに入居する場合、入居時に契約が必要となるが、その際通常は連帯保証人が必要となることが一般的となっている。連帯保証人は、入居者に家賃滞納などがあった場合、入居者に代わりその費用を負担する責任を負う可能性が有る。その為、身内などごく親しい人にしか頼み辛いものとなっている。家族などで保証人になってくれる人がいる場合には問題ないが、いない場合には賃貸契約ができないなど支障が大きい。そこであるのが、保証会社である。保証会社では、保証人代わりになってもらうことができ、保証会社を活用することで借りる側の賃貸契約がスムーズに行なえて、賃貸する人が増えるケースが多い。この但し、保証会社の活用では、費用が発生するため、その点には留意が必要になる。また会社ごとにサービス内容が異なるので、それも費用と同時に精査が必要だ。

物件探しとポイント

アパートやマンションなどの建物を賃貸物件として提供するとき、保証会社へ依頼することで、スムーズに経営を行なっていくことが出来る。もし家賃を借りている人から滞納された場合、保証会社に依頼をしておけば、滞納分を立て替えてくれる。そのサービスがあることで、月々の収入が安定してくるだろう。他にもその家賃の場合、通常なら滞納している人に連絡をしなければならないが、依頼をしておけば保証会社が全て対応してくれる。会社ごとにサービスは異なるが、こういったサービスがあるため賃貸経営を安心して、かつ安定して行なうことが出来るようになる。